〜全ての人が自由を手に入れる!新しい時代の生き方を提案します。〜

お金が必要な時代なのであれば、稼ぐ事から逃げてはいけない!

 
  2019/02/07
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさんこんばんは、加藤風也です^ ^

 

9月は雨ばかり☔️

 

どんどん寒くなり
夏男の私にとっては
切なくなる季節ですヽ(;▽;)ノ

 

最近私も好んで利用しているシステムですが
嬉しい報告が毎日届きます✨

 

 

画像の方は1日で7万円程度の利益が出ています。

 

前もご説明したんですが
このシステムは
カレンダーに合わせて
スイッチをオンオフするだけです。

 

写真の方は難しい事は何もしていません(⌒-⌒; )

 

そんな事を書いてしまうと
怪しいですよね笑

 

私でもそう思います。

 

怪しく思うのが
普通の感覚だと思います。

 

ストイックに自己鍛錬する事のみで
未来が切り開かれると信じている私にとっても
あまり好みでは無いのですが

 

事実なので仕方がありません。

 

こう伝えるしかありません^^;

 

やはり
時代は変わってきています。
まだ初動ではありますが
早く気付き、行動するべきです。

 

今はほとんどの人間が
お金を求めていると思いますが
こういったトレードシステムが発達し
ベーシックインカムなどの
国の社会保障システムも発達すれば
お金というものが意味をなさなくなる時代も
遠からず訪れるのではと思います。

 

先日、この辺りの話については2本に分けて動画で喋ってます📽

 

 

 

衣食住は国が提供し
娯楽の為のお金は
システムが自動で調達する。

 

そうなった時には

 

「生きる」

 

という言葉の定義が大きく変わると思います。

 

今は

家賃を払い
食べ物を得
老後の為にお金を貯金する

それが現代の「生きる」です。

 

昔、友人に勧められて読んだ
山本周五郎の小説「さぶ」にも
現代の生きるという事の虚しさや
ネズミの如く、あくせく毎日働き詰めの人間達が
非常に魅力的に、そして的確に描かれており
衝撃を覚えた記憶があります。

 

「さぶ」の詳細は忘れてしまいました。
私は本の虫なので多くの本を読みます。
別の本でしたらすみませんヽ(´o`;

 

現代の「生きる」の反面
私の思う
未来の「生きる」とは

 

娯楽を超え
如何にして生を限界まで楽しむのかが問われ
個性と自由に満ち溢れた世界で
お金では買えない自己実現と充実度が幸せの尺度になると思います。

 

価値を生む事に価値があり
よりクリエイティブになる必要性が問われ
既存の教育は大きく否定され
日本の学校教育も大きく変わると思います。

 

そんな時代が1日でも早く訪れる事を推進する為に
私は誰に否定されようと
自由をテーマにしたこの活動をやめるつもりはありません。

 

私は活動を頑張りますが
残念ながら
今年や来年にそんな変革が訪れるとは思っておりません。

 

資本主義は崩壊に突き進んでおりますが
崩壊はまだ未来の話で
直近で考えて、私達の理想を手にいれる為には
やはりお金という資本は必ず必要になります。

 

大事なのでもう一度
はっきり伝えますが

 

【今の時代に、お金は絶対に必要です‼️】

 

その事実から目を背けてはいけないし
1日でも早く稼ぐ為の行動を起こすべきです❗️

 

周りにいる貧乏庶民を見て
みんなそうだから、私も普通、これでいいんだ
なんて安心している場合ではありません。

 

お金には
綺麗も汚いもなく
善いも悪いも無く
ただのツールです。

 

そして
稼ぐ事は善です^^

 

個人で稼いでいく為の
情報発信のスキルにご興味ある方や
写真にある半自動のシステムにご興味ある方は
お気軽にメッセージください✨

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC8MeHsAGkoCJ0GseGu1H2Iw

■加藤風也のPodcastラジオ「Free or Die!」 ~今日からあなたも自由人~
(アプリで聞く場合はこちら。)
https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1440700256

■加藤風也公式LINE@
URL:https://line.me/R/ti/p/%40fuyacoin
ID:@fuyacoin

■Facebook 加藤風也
https://www.facebook.com/profile.php?id=100017658277077

■オフィシャルWEBサイト
https://katofuya.info

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 加藤風也 Official Site , 2018 All Rights Reserved.