〜全ての人が自由を手に入れる!新しい時代の生き方を提案します。〜

【働き方改革】副業が変わりつつある現代!30~40代よ、取り残されるな!

 
  2018/07/20
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

副業や投資について考えた事がある方も多いのではないでしょうか?

 

時代はものづくり時代からコトづくりへと移行し

「企業の時代」から「個人の時代」へと

猛スピードで変化しています。

 

30~40代の方は、この変化から取り残されないようにしてください。

副業禁止とは、奴隷宣告と同じ

私は日々

 

・副業で、もう少し生活を楽にしたい。

・副業がうまくいけば脱サラして時間の自由を手に入れたい。

・将来が不安だから投資を始めてみたい。

 

というような方に、その具体的な方法をお教えしております。

 

先日証券取引所にお勤めの方からお問い合わせを頂き

唖然としてしまいました。

 

お話を伺うと、会社の規程で

・投資ダメ

・副業ダメ

・不動産投資ダメ

もう八方塞がりの状態です。

 

会社の給料以外に稼いではいけないという事。

あまりに不憫でなりません。

 

なんとも全時代的な

奴隷のような話。

 

私なら即、会社を辞めるでしょう。

 

人間が自由になるファーストステップは

「給料以外のキャッシュポイントを持つ」

という事です。

 

会社からの給料以外に収入が無ければ

一生会社に行くしかありません。

 

時間の自由に近づく為には

己の身を縛っている

会社という組織から離れても生きていける人間になる必要があります。

 

変わりゆく副業の形

副業や独立支援をしていると気付く事が1つあります。

 

それは

20代などの若年者の方が圧倒的にお問い合わせが多いという事

そして

30~40代以降は完全に時代から取り残されているという事です。

 

皆様が副業を考え始めた理由として

・将来の不安

・金銭的な生活苦

このあたりを思い浮かべると思います。

 

実は

・もっとやりたい事をやって生きて行きたい。

・もっと意味のある仕事をしてお金をもらいたい。

という想いの方がかなりおおくいらっしゃいます。

 

副業に

お金だけを求めているのでは無く

人生における幸福度

生きている充実感

そういったものを求めている方が増えていると思います。

 

自分の個性を尊重し

やりがいを求めている。

 

生き方そのものが変わってきている証拠です。

 

インターネットが発達し

ブログやYouTubeなど

個人が意見を発信しやすくなった事が関係していると思います。

副業を解禁するが爆発的に増えている

近年だけでも

これだけの大手企業が副業解禁に踏み切っています。

新生銀行が何故副業を解禁に!?

他の業界より守秘義務や情報漏洩の観点から

副業への壁が高いと言われている金融業界。

 

冒頭に出てきた証券取引所勤務の方もそうですね。

 

そんな中で

副業解禁に踏み切った新生銀行。

 

なぜ踏み切ったのか?

 

担当者によると

・終身雇用の時代はとっくに終わっている。

・フィンテックの進化により従業員削減は必至。

・必要な人材も変わってきている。

・副業で得た知見を本業に還元する事を期待。

などの話をされています。

 

大事な部分は

会社が一生面倒見る時代は終わった。

自分のことは自分でやれ。

というのが真意なのではないでしょうか。

 

まとめ

現代では、複数のキャッシュポイントを持つ事は普通になりつつあります。

何も考えずに会社に行くだけの人生では

困窮した未来が訪れる可能性しかありません。

 

そして

人生における幸福度や自由度も圧倒的に低いまま

貴方の人生は幕を閉じる事になってしまいます。

 

是非恐れずに

副業や投資に興味を持って

給料以外のお金を手に入れてみたください。

 

本当に人生変わりますよ♬

 

加藤 風也

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★自由・お金・起業・出版・脱サラ・投資etc…の

総合的な情報、私の限定情報が欲しい方は

URL:https://goo.gl/t1o7b2
ID:@mov6623p

 

★仮想通貨やトレードスクールについて知りたい方は

URL:https://goo.gl/TMJNvN
ID:@fuyacoin

 

・興味はある
・何から手をつけて良いか分からない
・何をすれば良いか迷っている

そんな方はお気軽にLINE@からメッセージをお送りください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 加藤風也 Official Site , 2018 All Rights Reserved.