〜全ての人が自由を手に入れる!新しい時代の生き方を提案します。〜

貧乏人と金持ちの決定的な違い!【投資の学校 NO.5】

 
  2018/05/28
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、加藤風也です。

【投資の学校】5回目の今回は、

貧乏人と金持ちの決定的な違いについて、ご説明していきたいと思います。

貧乏人と金持ちの定義ですが

私は年収3,000万円で、

基本的にラインを引いています。

年収3,000万円以下は、貧乏人。

それ以上は、金持ちという認識で読み進めてください。

 

貧乏人と金持ちでは、収入を得る方法が違う!

 

金持ちと貧乏人に違いはたくさんあるんですが、

大きく違うのは、

収入を得る方法、働き方です。

 

所得は

勤労所得、働いて得られる所得と

不労所得の2つに分かれます。

 

貧乏な人は

勤労取得しか得ていないんです。

これしかない。

働いて得られる給料しか収入源がないんです。

「キャッシュポイント」と言ったりしますが、

これが1つしかありません。

もちろん、自由なんでね。

それでいい人はいいんですが、

何がいけないかというと、

非常に効率が悪いんです。

 

勤労所得、給料は効率が悪い

 

給料がどのような仕組みで入ってくるのか。

当然、会社などの組織・仕組みに属して

そこからお給料というものを得ていると思います。

 

まずあなたが商品(サービス)を売る。

お客様が、その商品を買う。

すると、一度、会社などの組織にお金が吸収されます。

吸収されて、

他の従業員の給料や経費などが支払われて

最終的に残ったお金が、あなたにお給料として支払われます。

 

つまり、残りカスみたいな給料、

抜き身、抜かれた状態の残りカスが手元に入ってきているということ。

実際、お客さまが払ってくれている金額と比べると

手取りがめちゃくちゃ少なくなっているんです。

これ、かなり効率が悪いですよね?

 

労さず入ってくるのが、不労所得

 

では、不労所得はどうでしょうか。

よく聞く話だと思いますが、

芸能人の出版した本とか、音楽とかの権利収入がそうですよね。

FXだと、スワップ金利が当てはまりますね。

株であれば、配当。

不動産であれば、家賃収入ですね。

 

こういった労さず、働かずして入ってくるもの、

持っているだけで入ってくるものが

不労所得になります。

 

お金持ちは、不労所得に重きをおいている

 

基本的に、お金持ちになりたいのであれば

不労所得を増やしていかないとなれないというのがあります。

 

よく言うのが

「貧乏人は、お金のために働いている」。

LINE@でも書いていますが、

皆さんの人生1か月が

30万、40万、50万円で買われているわけですからね。

週5で出勤、8時間労働、1時間休憩があって

往復の通勤時間なども考えたら、

トータルで12時間ぐらいを会社に買われていることになります。

あなたの人生を

「1ヶ月頂戴? 30万でいいんでしょ?」と

言われているようなものなんでね。

 

一方のお金持ちは

お金に働いてもらっています。

不動産に投資したお金が、

家賃収入を持ってきてくれるという風に。

 

お金持ちというのは

このお金を得られるシステムや仕組みを作っています。

作らなければ、なかなかお金持ち側にはいけません。

そのシステムや仕組みが

ビジネスであったり、投資であったりということになるんですが、

私は、当然両方やった方がいいと思っています。

 

まずは資産を増やすことから始めよう

 

ですが、普通のサラリーマンの方が

いきなりビジネスやって起業できますか?

 

なかなかね、

重い腰が上がらなかったり、ハードルがあると思います。

だから私はまず、

誰でもできる投資というもので大きくしていきましょう、

資産を増やしていきましょうという話をしています。

 

そして、お金に働いてもらうシステムですが

もちろん作れれば一番いいです。

 

ですが、世界的なベストセラーになった

トマ・ピケティさん著『21世紀の資本』によれば

「貧乏人はずっと貧乏のままで、お金持ちは、はるか彼方、どんどんお金持ちになっていく」んですね。

しっかり資本収益というものを上げていかないと

一生、貧乏人からは脱却できないと。

だけれども、資本のない人は資本収益が大きくなっていかない。

給料を貰っている人は、

給料を貰い続けて、格差社会からおいていかれる。

そういう内容が書かれています。

 

資産を増やすなら、まずは投資から

 

興味のある人はぜひ一度手にとってもらえればと思うんですが、

この資産を増やすために、格差社会においていかれないためにも

投資をすぐに始めて欲しいです。

 

投資は、

会社員などの働いてる方でもできますし

小額からできます。

 

給料を上げることを考えても、

アッパーは決まっていますし、

まずもって会社で頑張ったとしても、

月収500万円とかには、なかなかならないと思うんです。

 

じゃあそういう人たちが

どのようにしてお金持ち側に行くのか。

投資というものが

間違いなく必要になってくるのではないでしょうか。

 

気づいた今から行動して、お金持ちの道へ

 

お金持ちと貧乏人の収入の違いを、

まずはしっかり理解してください。

それから進めていかないと、

何も好転しません。

 

そして、しっかり行動すること。

このブログや動画を見て

「へえー、そうなんだ」で終わりじゃお金は増えません。

 

しっかり行動していく、

といういう風にしていただければと思います。

 

加藤 風也

 

<今日の学び>

貧乏人は、勤労所得を

お金持ちは、不労所得を

得ている。

 

お金持ちになりたいのであれば、

不労所得を得るための行動を起こすことが大切。

その第一歩として、投資を始めよう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★自由・お金・起業・出版・脱サラ・投資etc…の

総合的な情報、私の限定情報が欲しい方は

URL:https://goo.gl/t1o7b2
ID:@mov6623p

 

★仮想通貨やトレードスクールについて知りたい方は

URL:https://goo.gl/TMJNvN
ID:@fuyacoin

 

・興味はある
・何から手をつけて良いか分からない
・何をすれば良いか迷っている

そんな方はお気軽にLINE@からメッセージをお送りください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 加藤風也 Official Site , 2018 All Rights Reserved.